ウィキペディア、フリー百科事典から








※人気商品の為、急に欠品になる場合がございます。
お急ぎの方は、納期確認をお願い致します。

■詳細は画像を参照
※注意事項等がございます。必ず購入前にPC環境より商品ページの確認をお願いします。
※照明・光・PC環境によって色合いが実際と異って見える場合がございます。予めご了承下さい。
※北海道、九州、沖縄、離島、一部地域は別途中継料が必要になる場合がございます。



■家具用語では、リビングに置く低い机をテーブル、ちゃぶ台、と言います。センターテーブルフロアテーブル、やリビングテーブルと言われる事一般的です。低いテーブルをローテーブル、ガラスを天板にしたテーブルをガラステーブルと言い、引き出しが付いた引出テーブル、昇降が可能な昇降式テーブルなど機能が付いたテーブルもございます。テイストとしては、モダン、北欧、アジアン、和、カントリー、クラシックに分類されます。
■エコ家具の用語説明は、自然オイルを使用したものと、ホルムアルデヒド基準をクリアーした塗装を言います。ECO塗装、オイルフィッシュ、オイル塗装とも呼ばれます。
■春は、移動の時期、新生活、入学、就職、インテリアコーディネイト、新築、マンション生活、改築、改装、一人暮らし、新婚生活、ホテルの様な部屋、リゾート インテリア、事務所 独立、会議室テーブル オフィス家具などでよく検索されています。
■アウトレットの用語説明は、傷あり商品、モデルチェンジでの廃盤、型落ちなどがあります。わけあり、ワケありとは、限定でしたセール商品、バーゲン品、商品、企画、廃盤予定商品などをしたものを言います。



無垢材とは。木その物の事。森で育った木を切って削って出来たのが無垢材です。完成したむく材家具は、木の風合いがしっかりと出ているのが特徴で使っていく程に木に深い味わいが出てきます。木の日焼けや、使用上の傷が刻まれたりなど経年変化と呼ばれる物。逆に表面を削って再塗装すればほぼ新品の状態に戻ります。本物感があり高級で高品質な家具が多く、拘りの強い人に好かれます。ただし価格が高い、重厚で重いなどの特徴も

突板(つきいた)とは。薄くスライスした木のシートをベニヤなどの板に張り付けたものを指します。芯材(フラッシュ合板やMDF、低価格な無垢材などの土台にする部分)に貼りつけてます。フラッシュとは、中が空洞になっている芯材で軽量で軽い。MDFは、木くずを集めて固めた物で重量が重い特徴と硬い頑丈で丈夫な心材。突き板家具は無垢材と遜色なく本物感があり、無垢と比べかるい。価格もムク材に比べて安価です。金額がやすいので実用的です

北欧テイストとはスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、アイスランドの5ヶ国の北欧を連想させる雰囲気の家具の事を北欧家具と総称して言われます。シンプルで飽きがこなくおしゃれで機能的にも優れたデザインが多く、天然杢の温もりや肌触りの優しい素材感を生かしたしんぷるでお洒落な家具が多い。中には複数の無垢材を使ってかわいいテイストの家具などもあります。

モダンテイストとは直線的なデザインやシンプルにまとめられたかっこ良いデザインなどが多く、スタイリッシュで洗練されたデザイン性を感じさせるかっこ好いテイスト。ブラックやホワイトなど単色でクールでカッコイイ空間を演出し、高級感を感じさせます。高級マンションなどに多いテイストです

クラシックテイストとはルネッサンス調・バロック調・ロココ調・ゴシック調などのヨーロッパの家具スタイル。アンティーク仕上げの家具や猫脚、曲線などを取り入れた可愛らしい家具や、艶のある鏡面仕上げで華麗なフォルムの美しい家具などあります。象嵌など綺麗な装飾が施された家具も。職人がひとつひとつ作り上げた手彫りのように大量生産が難しく煌びやかで高級感を演出する高級家具。よく洋画などで豪華で華やかな可愛い洋室やエレガントでリッチなゴージャス感が得られるため、女性にはとても大人気なテイストです。輸入商品の為、一般的には高価な物が多い中、中国で生産した安価で比較的安い家具の需要も高まっています

ミッドセンチュリーテイストとは1940年頃、アメリカで軍事用に開発された材料や、成形合板などを使用した軽快なデザインが特徴。ミッド・センチュリー・モダンは、シンプルかつ合理的でありながら、カッコいいデザインとレトロ感や近未来的な雰囲気も持ち合わせた古い見た目の中にも斬新で新しいデザインがより目立ちます。曲線的なデザインが多く、プラスチック素材・木材・金属・ガラスなどの素材をより自由な造形を施した格好良いデザインが多く生み出されています

和モダンテイストとはモダンなスマートでクールなテイストの中に日本人特有の和風テイストを取り入れたオシャレな中に落ち着きのある和の雰囲気を演出した家具。最近ではジャパニーズモダンとも呼ばれ、昔ながらの伝統的な生活様式の中に溶け込んでいた和のスタイルが現在の生活様式に融合した格好好いテイストです。そのためどこか懐かしく、暖か味のあるデザインや格好いい雰囲気をを感じるCOOLデザインも多いです。

その日の絵

Feridun Hamdullahpur

Feridun Hamdullahpur生まれ1953/1954(66〜67歳)七面鳥教育機械工学の学士号と修士号 化学工学の博士号母校イスタンブール工科大学ノバスコシア工科大学職業アカデミックウォータールー大学の学長兼副学長前任者デビッドジョンストン後継ヴィヴェック・ゴエル配偶者キャシー・ハムドラプール(ニー・ジョンソン)子供達2人の息子(ブライアン、ケビン) 賞エリザベス2世女王ダイヤモンドジュビリーメダル署名 Feridun Hamdullahpur (1953年または1954年生まれ)は、ウォータールー大学の学長兼副学長です。 Hamdullahpurは、2011年3月にウォータールー大学の6番目の学長に任命されました。Hamdullahpurは、後継者であるVivekGoelが就任する2021年7月1日までその地位を維持します。 若いころ Hamdullahpurは、トルコでイラン人の父親とトルコ人の母親の間に生まれました。彼は5人兄弟の末っ子です。彼の実業家の父、ナスリは、ハムドラプールが肝臓病になる前に肝臓病で亡くなりました。彼の母親、メルジエはトルコで5人の息子を育てました。彼は1981年にトルコからノバスコシアに移り、そこで妻のキャシーに会いました。キャシーは21歳で、ダルハウジー大学の4年生の看護学生でした。彼らは1985年6月28日にハリファックスで結婚し、その後 (記事全文...)

Feridun Hamdullahpur