ゲームのルール紹介

このサイトは、トランプ,タロット,ドミノなど、広い意味でのカードゲームを中心に紹介しています。

各ゲームのルールは下記からどうぞ。

目次

「ゲームのルール紹介」への18件のフィードバック

  1. 素敵なサイトをありがとうございます
    カシノのルールで、とった枚数の多い方には3点ではないでしょうか?

  2. ご指摘ありがとうございます。その通り、3点が正しく、2点は単純な間違いでした。ルールを修正しておきました。
    コメントの表示と返事が遅くなったこともお詫びします。

  3. 「グァンダン」のプレイ手順より先(得点のあたりから)が「闘地主」のそれになってます。







    ライン6 プロスペックギタープロセッサー “Helix”

    『Helix(ヒリックス)』は、音の質感まで再現したリアルなサウンドを提供するだけでなく、ギターシステム全体の包括的なコントロールを可能にする、プロスペックに対応したギタープロセッサーのフラッグシップモデルです。強力なデュアル DSPパワーを駆使した「HXモデリングエンジン」を搭載し、さまざまなアンプやキャビネット、マイク、エフェクトのサ ウンドを忠実に再現しています。さらに、直感的な操作によって簡単にコントロールできることに加え、高い拡 張性によりギターシステム全体を統合することが可能です。スタジオ内とステージ上のどちらのシーンにおいてもプレイヤーの要求に応える高いサウンドクオリティと機能性を実現しています。

    主な特徴
    1.新たなモデリングエンジンによるリアルなサウンド
    強力なデュアルDSPパワーを駆使した新開発の「HXモデリングエンジン」を搭載。これにより、細かく計測 したアンプ回路の各出力段や、本物のアンプやスピーカーキャビネットと同じような挙動を再現。チューブアンプの音の特徴だけでなく、ダイナミックなフィーリングまでも体感できます。また、カスタムのキャビネット・インパルスレスポンスもロードして使用できるため、より好みに合ったセットアップ環境を作ることが可能です。
    2.直感的に操作できるわかりやすいインターフェース
    6.2インチの大型LCDディスプレイとタッチセンシティブ・フットスイッチを採用し、高い操作性を実現。フットスイッチのカラーLEDリングとカスタマイズ可能なスクリブル・ストリップによって、各フットスイッチの割り当てが一目でわかるインターフェースとなっています。またペダル・エディットモードでは、編集したいブロックを選択するだけで、そのパラメーターがフットスイッチに反映され、エクスプレッションペダルでの調整が可能となります。さらに、各プリセットに4つのステレオパスが備わっており、複雑なルーティングにも対応。簡単な操作で、求めるサウンドを作り出すことが可能に。
    3.ギターシステム全体をコントロール可能
    ギターシステム全体の中枢として、システム全体をコントロールできます。お気に入りのペダルやその他のハードウェアを簡単にシステムに統合し、シームレスでハイブリッドな環境を構築することが可能。また、従来のマルチエフェクトにはない高い柔軟性により、外部MIDI機器の接続も簡単に行なえます。最大3台のエクスプレッションペダルに対応できるなど高い接続性・拡張性を備え、どんな規模のシステムにも対応可能です。


    ◆ デュアルDSPパワーによるHXモデリングエンジン
    ◆ 4系統のディスクリート・ステレオシグナルパス
    ◆ 45種類のアンプ、30種類のキャビネット、16種類のマイク、70種類のエフェクト
    ◆ サードパーティー製1024/2048キャビネット・インパルスレスポンスのインポート
    ◆ 12基のタッチセンシティブ・フットスイッチ
    ◆ カスタマイズ可能なスクリブル・ストリップ
    ◆ ハンズフリーのペダルエディット・モードでエフェクトのパラメーターを調整可能
    ◆ 最大3台のエクスプレッションペダル、CV/Expressionアウト、外部スイッチング・アウト、MIDIコントロール
    ◆ 10インプット、12アウトプット(4×FXループ含む)
    ◆ 8イン/8アウトUSBオーディオインターフェース
    ◆ AES/EBU、S/PDIF、VDIインターフェース
    ◆ 驚異的な深みと超ローノイズを実現する、業界最高水準の123dBダイナミックレンジのギターインプット
    ◆ ツアーグレード仕様
    1. ご指摘ありがとうございました。また、返事も対応も非常に遅れ、申しわけありませんでした。
      書きかけのままアップしてしまったようで、ご指摘通り途中から「闘地主」になっていました。
      調べ直して書き直し、入れ替えました。

  4. アンビション(Ambition)の終了条件ですが、正確にはディール終了後誰かが4回ストライクをとったら、そのディールでゲーム終了になるようです。
    また4回ストライクを取ったプレイヤーを除き、最も累計点が高いプレイヤーの勝ちになるようです。
    現在の文面だとそのディールでストライクを取ったプレイヤーを除くような意味に感じてしまいます。

    1. 大変遅くなって申しわけありません。もうすぐ4年になるほど放置してしまいました。
      さきほど作者のサイトでルールを確認したところ、誰かが100点に達したら終了と、ルールを変えていました。
      もしかしたら、ご指摘のルールも作者による変更によるものだったかもしれません。
      今となっては分かりませんので、書いた時のルールの保存と、もうすこし早い対応が必要だったようです。ほんとうにすみません。
      ところで、作者は2004年3月に日本のニコリの雑誌で紹介されたと書いていました。そんなこともあったのですね。

  5. ピノクルのメルドの説明の所、最後の方にラウンドハウスとあり、AとKとなっていますが、AとQですね。

    1. 確かトランプゲーム大全のピノクルのメルドのラウンドハウスにもKとQでなくてAとKと書いてあったような。

  6. べジークと、ピノクル(Pinocle)の2人ゲームについて
    正解は無いのかもしれませんが…
    ピノクルのメルドについては、べジークと以下の点で違いをつけた方がいいのではないでしょいか?
    ・シーケンスの点 
    Bez…250 Pin…150
    ・4カードの組み方
    Bez…スート関係なし Pin…4つのスートでつくる
    ・ダブルピノクルの点
    Bez…500 Pin…300

    1. 大変遅くなり、申しわけありません。
      書かれたとおりだと思いますので、そのように訂正しました。
      ありがとうございました。

  7. 争分(Zheng Fen ジョンフェン)
    http://gamefarm.jp/rule/zhengfen.html

    6)同位カード3枚のシークエンス
    誤:同位カード2枚ずつが~
    正:同位カード3枚ずつが~

    7)同位カード4枚のシークエンス
    誤:同位カード2枚ずつが~
    正:同位カード4枚ずつが~

  8. ゴンジューのルールの注2に「さらにダイヤモンドJも取れば倍の+1000点になる」と書いていますが、クラブ10の間違いでは?

  9. はじめまして。子供達と遊ぶためにこちらのサイトを利用させていただいていましたが、管理者の方の著書があることを知り購読させていただくことにしました。本日その本が届いたのですが、開いてみてビックリ。「トランプゲーム大全」すごいです!もう一生モノのつもりで大切に読ませていただきます。こちらのサイトと合わせてこれから沢山のゲームをプレイしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です